菅沼孝三ドラム道場 千葉校 【千葉 ドラム教室】

千葉で唯一「菅沼孝三」のレッスンを受けられるドラム教室はここだけ!
プロを目指す方も趣味で楽しみたい方もドラム道場に集まろう!

千葉校講師紹介

菅沼孝三


大阪で生まれ8才でドラムを始める。
15才でプロデビュー後、数多くのスタジオワーク、コンサートツアー、セッションに参加する。
自己のドラムスクール「菅沼孝三ドラム道場」を全国6カ所にて主宰。
ドラムや打楽器の教則本、DVDを多数リリース。
 
クリニシャンとしても意欲的に取り組み、国内はもとよりワールドワイドにドラムフェスティバルやジャズフェスティバル、ドラムクリニックに出演。
デヴィッド・ガリバルディ、ビリー・コブハム、デイヴ・ウエックル、ソニー・エモリー、スティーヴ・ジョーダン、ジェリー・ブラウン、サイモン・フィリップス、ベニー・グレヴ、トミー・アイゴ、ピーター・アースキン、ラス・ミラー他…
世界のトップドラマーと共演。
 
2014年にはスイスで開催される世界最大のジャズフェスティバル「モントルージャズフェスティバル2014」に出演。
2014年に北京で開催されたドラマーの祭典「ドラムサミット2014」に出演。
アジア最大のバンドコンテスト「ASIAN BEAT」では3回ゲスト出演、審査員を務める。
2015年には中国(温州、大連)、台湾(高尾、台北)のドラムフェスティバルでクリニック、パフォーマンスを行う。
 
アーティストのサポートでは、CHAGE&ASKA、稲垣潤一、工藤静香、織田哲郎、LOUDNESS、
TOSHI(X JAPAN)、ローリー寺西、谷村新司、GACKT、HIDEKI(元シャム・シェード)、LIV MOON、
吉川晃司、acid black cherry、DREAMS COME TRUE…その他多数。
 
4枚のソロアルバムをリリース。
参加ミュージシャンはスコット・キンゼイ(トライバル・テック)、リンカーン・ゴーインズ、
ボブ・マラック、ビリー・シーン、高崎晃、矢堀孝一、MASAKI、ジェレミー・クローク、
青柳誠、永井敏己、道下和彦、トーマス・ラング…他。
 
高速連打、変拍子、トリックプレイを駆使した独自のプレイスタイルで「手数王」の異名をとる。

辻和也


千葉県袖ヶ浦市出身。
現在も袖ヶ浦市在住。

高校入学時に音楽経験は無かったが、吹奏楽部に入部。
卒業と同時に菅沼孝三ドラム道場に入門。菅沼孝三に師事。

2009年、菅沼孝三ドラム道場千葉校を立ち上げ、代表兼講師を務める。
同年、中国政府主催の日中文化交流イベントにドラマーとして出演。中国政府より感謝状を頂く。
2010年、自主制作ソロアルバム「CrossRoad」を制作。同年、制作メンバーとプログレッシブインストバンド「CrossRoad」を結成。
Fragile、Trimurtiとの共演を果たし、弟バンドとしても親しまれている。

ニコニコ動画やyoutubeで人気のベーシスト「H.J.Freaks」の日本初のベースセミナーにドラマーとして参加。
2014年には新プロジェクトアルバム「H.J.Freaksの神妙旅楽団vol.1」に全曲ドラマーとして参加。
超絶ドラミングと評される。
第二弾アルバムとなる「H.J.Freaksの神妙旅楽団vol.2」にも全曲ドラマーとして参加している。(2015年12月30日コミケにて先行販売)

セッションやサポート、レコーディングなど多方面で活動中。
後進ドラマーの育成にも力を入れている。

YAMAHA Drums エンドーサー
De Gregorioエンドーサー
アサプラエンドーサー

主な共演者)
菅沼孝三、矢堀孝一、水野正敏、永井敏己、ISAO、広原かおり...and more(敬称略)